*

太陽光発電の見積もり比較は必ず行おう!

公開日: : 太陽光発電の基礎知識

太陽光発電で失敗しない一番の秘訣大きく分けて3つあります。
見積比較を行うのは当然のことならが、しっかりとポイントを理解して事前準備をしておくことが重要です。

参考:太陽光発電導入で失敗しない為に必ず心がけることは?

太陽光発電で失敗しない為の3つのポイント

自分で勉強する事を忘れずに!知識吸収には時間をかけよう

太陽光発電は自身である程度の知識をつけていないと、誤った判断をしてしまい結果的に失敗した・・・と公開をしてしまうことも十分に考えられます。

最低限下記の項目については頭に入れておくと良いでしょう。

・モジュールはどのメーカーが発電効率が良いのか?
・お住まいの都道府県別の年間日射量はどの程度か?
・補助金は受けられるのか?(締め切りなども確認)
・アフターメンテナンスは受けられるのか?
・投資回収までの期間は何年間を見込んでいるのか?
・現在の電気代金と太陽光発電導入後のローン支払いに開きはあるのか?

ご自宅の屋根の形状や向きなどを調べておこう

屋根の形状や向きなどは太陽光発電パネルを設置するにあたってとても重要な要素です。
設計について不明な点があれば、ご自宅を設計されたハウスメーカーさんに問い合わせてみるのが確実だと言えるでしょう。

相見積もりをは必ず取ろう

太陽光発電の導入で失敗した・・・という意見で一番多いのが「見積を1社にしか取らなかった」事が原因で起きています。

相見積もりを取らないと「適正価格がわからない」「サービス面での比較検討ができない(アフターメンテナンスなど)」「個別で複数に見積もりとを取ると時間が膨大にかかる」などの点で太陽光発電導入を失敗してしまうリスクが高まってしまいます。

しっかりと下準備をした上で太陽光発電の導入に挑みましょう!

【リンク】
太陽光発電の見積比較前チェック

関連記事

no image

太陽光発電に関する各パーツの役割

太陽光発電の各パーツの役割 太陽光発電のシステムのパーツは、大きく分けると モジュール、パワーコン

記事を読む

no image

太陽光発電パネルメーカーごとの発電効率比較 (主要メーカー別比較)

太陽光発電の発電効率について エネルギー変換効率は一般に、出力されるエネルギー/注入したエネルギー

記事を読む

no image

太陽光発電の耐久性とメンテナンス

太陽光発電の耐久性は太陽電池の寿命に大きく依存しているでしょう。太陽電池そのものは半永久的だったり3

記事を読む

no image

新築、既築どちらでも設置が可能なの?それぞれの違い

基本的に新築、既築どちらも設置可能です。どちらにもメリットデメリットがありますので以下に述べます。

記事を読む

no image

「太陽光発電の普及状況」日本、世界との比較など

太陽光発電は、3.11の東日本大震災より急速に普及してきています。国内では家庭用の太陽光発電のみなら

記事を読む

no image

太陽光発電は発電する仕組み

太陽光発電の根本的仕組み 太陽光発電の仕組みは太陽電池で考えると分かりやすいでしょうか。 ここで

記事を読む

no image

「太陽光発電」都道府県ごとの年間予測発電量

一般的な考えで行きますと、太陽光照射量が多いほど発電量は多くなります。 冬より夏の方が日照時間が長

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
太陽光発電の見積もり比較は必ず行おう!

太陽光発電で失敗しない一番の秘訣大きく分けて3つあります。 見積比較

no image
太陽光発電パネルメーカーごとの発電効率比較 (主要メーカー別比較)

太陽光発電の発電効率について エネルギー変換効率は一般に、出力される

no image
「太陽光発電の普及状況」日本、世界との比較など

太陽光発電は、3.11の東日本大震災より急速に普及してきています。国内

no image
「太陽光発電」都道府県ごとの年間予測発電量

一般的な考えで行きますと、太陽光照射量が多いほど発電量は多くなります。

no image
新築、既築どちらでも設置が可能なの?それぞれの違い

基本的に新築、既築どちらも設置可能です。どちらにもメリットデメリットが

→もっと見る

PAGE TOP ↑