*

「太陽光発電」都道府県ごとの年間予測発電量

公開日: : 太陽光発電の基礎知識

一般的な考えで行きますと、太陽光照射量が多いほど発電量は多くなります。
冬より夏の方が日照時間が長いので、発電量は多くなります。この点からは日本は南北に長いので北海道よりは九州の方が発電量が多い傾向にあります。

あとは標高が高いほど紫外線の強度が高いので発電量は多くなります。
太陽光の光は、紫外、可視、赤外と様々で、この中で紫外線の吸収で太陽電池は作動するといわれています。
紫外線は強度が高いため太陽電池を作動させるのに適した光線なのでしょう。

太陽光に含まれる紫外線の量は一定でしょうから太陽光の照射量を見れば発電量が推定できます。
元に戻りますが、日本では、夏の方が日照時間が長いので冬より夏の方が発電量が多くなります。トータルで見れば年間一定量になるでしょう。

日本では九州の方が北海道より多くの発電量が期待できます。大分県とかに日本最大級のメガソーラーが造られています。これはやはり九州が日照時間が長いためと考えます。大型プロジェクトとかもおおく進められています。
佐賀県の神埼市にもメガソーラーの建設が進められています。九州は太陽光発電のメッカです。

日照マップで見ると、宮崎県、大分県、長崎県、高地である信州長野県が日照量が多く14MJ/m2以上です。
日本海側とかは日照量も少なめです。
以上をまとめると、九州の各県が日照量が多く、また高地にある長野県は紫外線量が多く日照量の多く太陽光発電の年間発電量の多くなっている傾向にあります。

関連記事

no image

太陽光発電に関する各パーツの役割

太陽光発電の各パーツの役割 太陽光発電のシステムのパーツは、大きく分けると モジュール、パワーコン

記事を読む

no image

新築、既築どちらでも設置が可能なの?それぞれの違い

基本的に新築、既築どちらも設置可能です。どちらにもメリットデメリットがありますので以下に述べます。

記事を読む

no image

太陽光発電は発電する仕組み

太陽光発電の根本的仕組み 太陽光発電の仕組みは太陽電池で考えると分かりやすいでしょうか。 ここで

記事を読む

no image

「太陽光発電の普及状況」日本、世界との比較など

太陽光発電は、3.11の東日本大震災より急速に普及してきています。国内では家庭用の太陽光発電のみなら

記事を読む

no image

太陽光発電パネルメーカーごとの発電効率比較 (主要メーカー別比較)

太陽光発電の発電効率について エネルギー変換効率は一般に、出力されるエネルギー/注入したエネルギー

記事を読む

no image

太陽光発電の見積もり比較は必ず行おう!

太陽光発電で失敗しない一番の秘訣大きく分けて3つあります。 見積比較を行うのは当然のことならが、し

記事を読む

no image

太陽光発電の耐久性とメンテナンス

太陽光発電の耐久性は太陽電池の寿命に大きく依存しているでしょう。太陽電池そのものは半永久的だったり3

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
太陽光発電の見積もり比較は必ず行おう!

太陽光発電で失敗しない一番の秘訣大きく分けて3つあります。 見積比較

no image
太陽光発電パネルメーカーごとの発電効率比較 (主要メーカー別比較)

太陽光発電の発電効率について エネルギー変換効率は一般に、出力される

no image
「太陽光発電の普及状況」日本、世界との比較など

太陽光発電は、3.11の東日本大震災より急速に普及してきています。国内

no image
「太陽光発電」都道府県ごとの年間予測発電量

一般的な考えで行きますと、太陽光照射量が多いほど発電量は多くなります。

no image
新築、既築どちらでも設置が可能なの?それぞれの違い

基本的に新築、既築どちらも設置可能です。どちらにもメリットデメリットが

→もっと見る

PAGE TOP ↑